このHoshi World Inc.(HWI)は、特にこれから留学を考えている現役の学生や社会人の方々に、アクティブになってほしいとの願いを込めて、活動しています。

前回のコラムで、積極的に「聞く」ことの重要性を書きましたが、これは何も、英語力を伸ばすため、に限りません。

アメリカで生活している人々にとっては当たり前なのですが、日本との大きな文化的な違いは、「聞かれなければ誰も何も教えてくれない」

極論を言えばアメリカ留学を成功できる人たちというのは、たとえ日常生活上であっても、分からない事があればすぐにその問題を解決できそうな人に聞き、知識や情報を蓄えて、文字通りサバイブ(survive)していくから、なのです。

なぜその学校を選ぶのか。
選んだ学校でどんな科目を取っていくか。
どのような知識や技能を身に付けていくのか。
それらを基に、どんな仕事を現地で得ていくのか。
アメリカ留学で得た数々のスキルを日本に持ち帰って、キャリアアップを図るのか。
それとも現地での仕事を通じて、永住権を目指し、アメリカに根差すのか。

留学に失敗し、帰国してから、選んだ学校やアメリカ自体の文句や悪口を言う人たちには、残念ながらそうした「誰かに聞く」といった積極性や行動力が単純に欠けているのも事実です。

アメリカでは、待っているだけでは、誰も何もしてくれません。
たとえ日常生活であっても、自分が欲しいと思ったものは、自ら動いて勝ち取っていかなければなりません。

日本におけるカスタマーサービスのレベルを期待するのが、そもそもの間違いです。
例えばこちらの電話やインターネット会社は、何の予告も無く月額を上げて、請求してくるのが当然です。
客はお金を払っているから偉い、ではなく、そうしたサービスを提供している会社の方が偉い、と当たり前のように考えているからです。
そうした場合は、直接それらの会社に連絡し、文句を言い、プランの相談やプロモーション期間をきちんと相談した上で、自分の納得のいく月額を目指します。

このように、単純な数字の調整にしても、労力を使います。
しかしながら、アメリカで生活する人々はまず何よりも結果を求めますので、ゴールに辿り着けるのであれば、どのような過程も乗り越えます。
普段はあれもこれもメンドくさい、と言っている人でも、目標が定まると、そこへ一直線に向かい、遠回りも気にしません。
どんなに素晴らしい過程を経ても、結果に結びつかなければ、それは時間のムダ、慣れ合いなど以ての外、と自然に考えます。
ゆえに、いわゆる空気を読めない、プライドの高い人たちによって、社会が成り立っているのです。
座って待っているだけの人間には、声は一切かかりません。
一方で自ら動く人間には、周囲が気にし始めます。
従って、まずこうした根っこを理解するのが、アメリカへの留学を決意する事の、現実的な第一歩でもあります。

私たちのウェブサイトが極力、シンプルに作られており、日々のアップデートはツイッターやフェイスブックを通して簡単に、というスタンスを取っているのは、留学の前にまず、直接の相談をして頂きたいからです。
上記の、単純な積極性や行動力を、基本として身に付けてほしいからです。

私たちは常に、「今」のロサンゼルス現地の状況にフォーカスしています。
移民法は年々変化し、どこの学費も例年上がっています。
それこそこのコラムを書いている2015年の5月現在の情報を、提供しなければならない。
スタッフ一同、そう信じて活動しています。

アメリカ留学は、決して簡単なものではありません。
お金は常にかかるし、勉強以外で悩まされる事柄には、日々尽きません。
私たちも実際、頻繁に相談事として受けますが、アメリカで生活を始めたばかりの日本人学生から最初に上がる文句は、「勉強をしに来たのに、何で住まいやらでいちいち悩まないといけないの!?」
勉強以外の悩み、特に住まいの問題は、留学生にとっては、当たり前です。
というよりも、勉強に集中できる環境をモノにするには、アパートの管理人等と自力で直接交渉と言った、それ相応の英語力が必要になります。
「英語の勉強だけ」快適にしたいのであれば、極端な話、日本国内にある駅前留学で、十分なのが現実です。
現地での苦労も味わって、それを乗り越えてこそ、本当の意味でアメリカ留学した、と言えます。

わたしたちの所へ相談にいらっしゃった方々へは、まずそうした基本的な点(お金がかなりかかる、現地の生活は決してラクではない、あらゆる点が不親切)から、説明します。
最初はメールで簡単に相談を始めますが、いずれは必ず、スカイプを通して、声と顔が分かるところまで運びます。
その時に初めて、私たちから、相談者に適した学校の詳細情報を提供していきます。
渡米の前に、相談者一人一人と、確実に繋がる必要性を、感じているからです。

1. ウェブサイトに古い情報を載せて「見てください」では、留学への決心を動かせない。
2. 相談者の方々と一対一で、ロサンゼルス現地在住で最新の事情にも詳しい私たちのスタッフが話す事で、見えない部分も少しずつ見え始めていく。
3. 心構えもできるし、実際にロサンゼルス現地に着いてからも、頭の中で描いていた図と現実とのギャップに、そこまで驚くことも無くなる。
それが、私たちが過去の経験から得てきた、今の私たちに出来ることであると、信じています。

ハッキリ書きますが、スマホを片手にぼんやりと、わたしたちのツイッター等を眺めているだけでは、得られるものはあまりありませんし、わたしたちもソーシャルメディア上では表面的な情報しか流しません。
留学を真剣に考えるならば、まずはメールでの簡単な内容でもいいので、積極的に「聞いて」ください。
スタッフと一緒に相談してこそ、互いの方向性や目的が、明確に見えてきますから。
—–
このコラムに関するご質問や、留学に関するご相談やお見積もりは、下記までお気軽にご連絡ください。
電話:+1-213-595-7139
メール:info@hoshius.com
Twitter:https://twitter.com/hoshius
Facebook:https://www.facebook.com/hoshius